グループウェアの特徴と料金について

グループウェアは、組織内のネットワークを利用して、様々な情報の共有を可能にするソフトウェアの総称です。


コミュニケーションの効率化を図り、グループ内での協同作業を支援することができます。
グループ内で情報を共有することができることで、情報の一元管理が可能になります。

グループウェアには様々な機能があり、グループ内のメンバーのスケジュールを管理して共有したり、会議の内容を一元的に管理することも可能です。
またグループメンバーの連絡先一覧などもあり、スムーズに業務を行うための機能がたくさんあります。

このように企業にとって、様々なメリットがあるグループウェアですが、導入にかかる料金がネックとなって、なかなか導入に踏み切れない企業も少なくありません。



料金については、大企業向けの有料のものから、無料で利用できるものまで様々です。

それぞれに機能の違いや特徴があり、導入にあたっては、自分の企業がどのタイプに向いているかを検討する必要があります。



料金がかからないものについては、機能が制限されていることがあります。


ただし最近では多様なサービスを提供する、無料のグループウェアが存在するので、ニーズがあえば試しに利用してみるのも一つの方法です。



実際に無料のトライアル製品を試してから、グループウェアの選択をすることはとても重要なことです。
直接、複数人で使用してみることで、不要な機能が明確になったり、逆に効率的な使い方を見つけられることもあります。